トイレの水のトラブルを防ぐ方法

トイレで水のトラブルが発生してしまうと、トイレが使えなくなってしまうことがあります。経年劣化によるトラブルはやむを得ないとしても、できるだけ大切に使用して、異常があった際も早期発見をすることが重要です。
このページでは、トイレのトラブルを起こさないようにするポイントと異常の早期発見のためのコツについて紹介してます。

■トイレに異物を流さないことが重要

まずトイレには、たばこや食べ残しの食品などの異物は絶対に流さないようにしてください。トイレの排水管は、使用し続けることで内部に汚れが溜まってくることもあります。この内部の汚れが排水管の詰まりの原因となります。つまり、故意にたばこなどの異物を流してしまうと、排水管が詰まるトラブルの原因になってしまうということです。排水管が詰まりを起こすと修理が完了するまでトイレが使えなくなり、生活への影響も大きくなります。

■トイレ周りの臭いをチェック

日ごろからトイレの周辺の臭いに気をつけることで、排水管の水漏れを早期発見できることがあります。トイレの排水管にひび割れなどがあり、水が漏れている状況になると、周辺で悪臭を感じることがあります。早めに臭いの異常に気づくことができれば、プロの水道業者に点検してもらい、被害が大きくならないうちに修理をすることができるようになります。


■まとめ
トイレの水のトラブルでは、場合によっては家庭でトイレが使えなくなるという問題が生じます。老朽化による水漏れなどは仕方がありませんが、故意に異物をトイレに流してしまうと、排水管の詰まりのトラブルにつながることがあります。また、日ごろからトイレの周辺の臭いにも気を付けていれば、排水管に漏れが発生したときでも、すぐに対応できます。水周りのプロに点検をしてもらい、被害が少ないうちに修理を頼めるようになります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ