給湯器の水のトラブルを防ぐ方法

給湯器の水のトラブルとしては、設備が古くなることによる水漏れなどがあり、人為的なミスによるトラブルも起こることがあります。給湯器が使えなくなってしまうと、炊事やお風呂でお湯を使えなくなりますので、できる限りトラブルを予防できるよう工夫をしておくことをおすすめします。
このページでは、給湯器の水漏れの予防方法と大きなトラブルを回避する方法について紹介してます。

■給湯器の水漏れを予防するために

給湯器の内部は水が循環しているため、冬場には内部の水が凍結することもあります。水は液体から固体になると体積が膨張するので、給湯器内の水が凍結することにより配管が破損してしまいます。
したがって、水の凍結による給湯器の故障を避けるためには、事前に水抜きをしておくことが大切です。水の凍結が予想される前日に水抜きをしておけば、水の凍結による配管トラブルは回避することができます。

■給湯器の周辺を定期的に確認

給湯器はガスを使用する住宅設備ですので、水漏れなどのトラブルはできるだけ早く見つけた方が安全です。そのためにも、定期的に給湯器の周辺で濡れているところがないか確認し、きれいに清掃をしておくことをおすすめします。普段から水漏れなどに気をつけていれば、異常を発見した際にすぐにプロの業者に連絡できます。トラブルの発見から修理完了までが早くなりますし、安心して給湯器を使えるようになります。

■まとめ
給湯器の水のトラブルでは、設備の老朽化による故障のほか、冬場に内部の水を凍結させてしまうことで故障するケースもあります。冬場に水が凍る恐れがあるときは、事前に水抜きをしてトラブルの予防をすることが大切です。また、給湯器の周辺をこまめに確認し、早期発見をすることで安全に給湯器を使えるようになり、異常があった際にもすぐに修理の依頼ができるようになります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ